© 2018 by こどもデイサービスほっぷ. Proudly created with Wix.com

Call Us: 03-5761-8724  /   aikomae@jk2.so-net.ne.jp   / 〒201-0003 東京都狛江市和泉本町4-2-13 SANTE SAKAE202

  • w-facebook
  • Twitter Clean

・個別支援計画を基に、さまざまな専門家がこどもたちの発達を多角的に支援します。

 言語聴覚士・・・咀嚼、発語から、目と手の呼応、コミュニケーション、学習指導他、ご家族の相談にも応じます
 作業療法士・・・運動や感覚、コミュニケーション等の発達を促すためのかかわり方や遊び方を提供
していきます。
 臨床美術士・・・工夫されたアートプログラムを通して感性を引き出し、生きる意欲の創出につなげます。
 ヨーガ療法士・・・からだ・心・呼吸に働きかけながら、心の安定、集中力や身体機能を向上させます。
 水泳コーチ・・・水の中でのリラクゼーションや個々の泳力アップを指導します。
 リトミック教師・・・歌って踊れるリトミック「あ
ク」メソッドを用いて自由に楽しく音楽を表現できるよ援します。
 障がい者乗馬インストラクター・・・大きな動物「馬」とコミュニケーションしながらの運動を楽しむ支援をします。

​ 行動問題アドバイザー・・・「困った行動」の理由を探りながら、正しい行動に導きます。

・数々の受賞がある「幼児の城」の設計で「太陽の広場」をイメージしています。
・画家のべべさんの絵が元気とパワーをくれます。

・大型遊具で遊べる広さと、吊り遊具の設備があります。
・サーフィンブランコ、コアラブランコ、ハンモック、サイバーホイールなど体を思いきり動かして遊ぶ​感覚統合の遊具があります。

 

こどもたち一人一人に個別支援計画を作成します。お子さん本人や保護者の方とも相談しながら、こどもたちに必要な支援を行っていきます。

 機会が限られていたり、経験が少なかったりすると、こどもたちの世界はせまくなりがちです。楽しい経験をベ ースに、一緒に遊びながら、こどもたちの世界にプラス1する集団プログラムを毎日一つ組んでいます。
 まだ集団に入ることに緊張や課題があるお子さん、一人でじっくりのご希望があるお子さんには個別のプログラムも用意しています。

 このデイサービスは障がいのあるこどもの母親が立ち上げました。「自分のこどものためにこんな場所がほしい」という思いか  らスタートしています。母親の視点、家族の視点を大切にしています。こどもの成長と共に、悩みは変化していきます。ご家族と一緒に考えていくことができたらと思います。
 障がいのあるきょうだいをもつスタッフが働いています。きょうだいを支援する視点をもち、きょうだいも一緒に参加できるオープンデー、ハロウィンなどのプログラムを行っています。

 こどもたちは社会の一員です。施設に閉じ込めず、外に出て行く活動を大切にしています。プログラムの中に、日常的な公園遊び、畑作業、買い物、プレーパークなどの他に、長期休暇中は電車やバスに乗ったり、レストランに行ったり、お風呂屋さんに行ったり・・・社会の中で体験することがたくさんあります。
 ナナの家グループが主催する「多摩川乗馬会」は「違いを認め合う社会を求めて」がテーマです。障がいの有無にかかわらず、楽しい時間がもてる乗馬と交流の機会を地域に提供しています。たくさんのこどもたちが楽しみに参加しています。
 ハロウィンのイベントは、地域のお店や施設などの協力のもと、おたがいに楽しむことができる行事として続いています。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now